馬酔木ブログ

◆『端午の節句の意味』

現代では“こどもの日”として祝われる5月5日。

端午の節句は男の子の成長を祝うこどもの日です。

端午の“端”は「はじめ」を意味し、“端午(たんご)”は5月の最初の午(うま)の日のことでした。

それが、午(ご)という文字の音が「五」に通じることから、奈良時代以降、5月5が端午の節句として定着してきました。

 

古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲や薬草のヨモギを軒(のき)につるし、また菖蒲湯に入ることで無病息災を願いました。

また「菖蒲」を「尚武(しょうぶ)」の言葉にかけて、勇ましい飾りをして男の子の成長を祝う「尚武の節句」とも言われています。

江戸時代以降は男の子の節句とされ、身を守る“鎧”や“兜”を飾り、“こいのぼり”を立てて男の子の成長や立身出世を願ってお祝いします。

現在は、鎧兜が「身体を守る」ものという意味から、交通事故や病気から大切な子供を守ってくれるようにという願いも込めて飾ります。

鯉のぼりは、江戸時代に町人階層から生まれた節句飾り。

鯉は、清流はもちろん、池や沼でも生息することができ、非常に生命力の高い魚です。

その鯉が急流をさかのぼり、竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説にちなみ、子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにとの立身出世を願う飾りとされています。

 

馬酔木では、ご家族の思い出に残る、「節句」をお手伝いさせていただきます。

“ハレの日”にふさわしいお祝いのお料理を各種ご用意しております。

  • 馬酔木のお料理
  • 店舗のご案内

ご予約はこちら

  • 加治木本店

    Tel.0995-62-4145

    月〜木・日・祝日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜22:30
    (フード:LO.21:30 ドリンク:LO.22:00)

    金・土・祝前日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜23:00
    (フード:LO.22:00 ドリンク:LO.22:30)

    住所 / 鹿児島県姶良市加治木町港町105

  • 国分店

    Tel.0995-48-5570

    月〜木・日・祝日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜22:30
    (フード:LO.21:30 ドリンク:LO.22:00)

    金・土・祝前日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜23:00
    (フード:LO.22:00 ドリンク:LO.22:30)

    住所 / 鹿児島県霧島市国分中央5-8-17

ページトップへ