馬酔木ブログ

『法要の種類(忌日法要)』

故人の冥福を祈り、供養するための“追善供養”。

法要の種類は大きく3つに分かれます。

  • 忌日法要(きにちほうよう)日数単位
  • 年忌法要(ねんきほうよう)年単位
  • 月忌法要(がっきほうよう)月単位

 

忌日法要について触れたいと思います。

■忌日法要(きにちほうよう)

・初七日【しょなのか】命日を含め7日目

・二七日【ふたなのか】命日を含め14日目

・三七日【みなのか】命日を含め21日目

・四七日【よなのか】命日を含め28日目

・月忌【がっき】1ヶ月の命日

・五七日【いつなのか】命日を含め35日目

・六七日【むなのか】命日を含め42日目

・七七日【なななのか】/四十九日【しじゅうくにち】命日を含め49日目

・百か日【ひゃっかにち】命日を含め100日目

 

法要は死後1年以内に行う、忌日法要から始まります。

亡くなった日を命日といい、忌日法要とは命日から数えて7日ごとに49日間、計7回行う法要です。

仏教の世界では、死後に閻魔大王をはじめとする十王から、生前の行いにより裁きを受けると考えられていて、この裁きを受けるのが7日ごとに7回あり、合計49日かかります。

そして49日目で来世の行き先が決まると考えられています。

この裁きの日に合わせて遺族は法要を行い、故人が成仏できるように祈ることが大切なのです。

忌日法要が終わると、忌明け(いみあけ)となります。

これで遺族は喪に服していた状態から日常生活に戻ります。

この一連の流れを総称して、忌明けの法要とも言います。

 

仏教の世界では7日ごとに法要をすることになっていますが、現代では忙しくて時間が作れない方も多いので、重要な法要の日【初七日・五七日・七七日】だけを行う形に変わってきています。

この日は一般的に故人の知人や親類を呼んで菩提寺(お寺)に行くか僧侶を招いて法要を行います。

しかし、近年はさらに少なくなり、初七日と七七日(四十九日)の法要だけを行い、その他の法要は遺族の礼拝のみにとどめるのが通例です。

仏教では以下のような考え方をします。

・人が受胎した瞬間 = 生有 ( しょうう )

・生きている間 = 本有 ( ほんう )

・死の瞬間 = 死有 ( しう )

・死後、四十九日間 ( 生まれ変わるまで ) = 中有(ちゅうう)

このあたりも理解しておくと、法要を行う際の気持ちも変わってくるでしょう。

  • 馬酔木のお料理
  • 店舗のご案内

ご予約はこちら

  • 加治木本店

    Tel.0995-62-4145

    月〜木・日・祝日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜22:30
    (フード:LO.21:30 ドリンク:LO.22:00)

    金・土・祝前日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜23:00
    (フード:LO.22:00 ドリンク:LO.22:30)

    住所 / 鹿児島県姶良市加治木町港町105

  • 国分店

    Tel.0995-48-5570

    月〜木・日・祝日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜22:30
    (フード:LO.21:30 ドリンク:LO.22:00)

    金・土・祝前日

    【ご昼食】11:30〜14:30 (LO.13:30)
    【ご夕食】17:00〜23:00
    (フード:LO.22:00 ドリンク:LO.22:30)

    住所 / 鹿児島県霧島市国分中央5-8-17

ページトップへ